THAI LIFE CONSULTING

タイでの生活を アドバイス、バンコクでの住居探し お手伝いさん派遣 中古車購入代行 パソコンのチェック 携帯電話購入手続き などのサポートするためのページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
会社設立するには・・
タイにて会社を正式に作るにはいろいろな書類が必要ですが
まずは最低限の知識を。

資本金は・・・
タイ人が起業をするのはハードルがほとんどないのですが
外国人が起業するには まず資本金が200万バーツ以上。そしてタイ人を4人雇わねばなりません。

1 社名 商号の決定。 タイではタイ語表音で登録するので 例えばKENICHIだと[ケニチ]と表記されてしまう  こともある。だから事前に候補を挙げておく。類似の商号は却下されるケースもある。

2 基本定款の登記 これは何のお仕事をするのか サービス業など 外国企業規正法に抵触する恐れのあるものは却下されてしまう場合がある。

3 BOIの投資奨励を受けてたりIEATの管理下の工業団地は労働許可が下りやすい。

ちなみに知らなかったコト1
現地法人と 駐在員事務所とは 異なるのです。現地法人は利益を出して良いのですが
駐在員事務所は 利益を出してはいけないことになっており単なる連絡や メンテナンスだけを
していい組織になるんだそうです。


4 外国人事業法では 宗教や放送 仏像製造など タイ美術品の売買などは外国人ができない。

5 最終登記まで準備すべきデータ 書類がきちんと提出できていれば 1ヶ月から1ヶ月半で完了です。
  附属定款登記料の支払いが 済んだ時にもらう領収書の日付が 会社設立日となります。

僕の知らなかったコト2。
タイでは日本の授権資本制度(最初に全て資本金を払う)のではなく分割払込制度になってます。
したがって 200万バーツの資本金をまず登記資本の25%払うことも可能です。
ただし!ワークパーミットの関係で 実際払込金額200万必要なため結局は最低200万を
銀行口座に一時的にでも入れておかねばなりません。


今後とも特に必要になってくるのは 代表者のサイン 会社のカンパニーシール
                      会社の登記簿  VAT登録証 
これは特にどれも重要になってきます。





スポンサーサイト
【2005/08/10 01:41】 タイで会社設立。 | TRACKBACK(1) | COMMENT(3) |


PROFILE
THAI LIFE CONSULTING
  • Author:THAI LIFE CONSULTING
  • 無料電話相談実施中です!
  • RSS1.0


  • CALENDER
    05 | 2018/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    RECENT ENTRIES
  • 会社設立するには・・(08/10)
  • TOT電話回線を引く。Part2。 (08/06)
  • タイの税金。(08/02)
  • タイで働く→人材派遣会社。(07/31)
  • 海外で働くには。(07/29)
  • ADSL (TURE と LOXINFO)(07/27)
  • タイ・ライフ・コンサルティングでは(07/25)
  • TOT電話回線を引く。(07/23)
  • 事業開始。(07/22)


  • RECENT COMMENTS
  • 如月千草(11/25)
  • 川 清  (kajikawa kiyosi)(03/07)
  • 海外就職プロデューサー(10/20)
  • bangken(10/17)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 最高峰リードメール:お小遣い稼ごうよ♪(08/29)


  • ARCHIVES
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年07月 (6)


  • CATEGORY
  • タイで働く。 (2)
  • タイで会社設立。 (1)
  • 初めての方へ。 (1)
  • 海外生活 (2)
  • ロングスティ (0)
  • アジア株 (0)
  • 電話回線 (3)


  • LINKS


    SEARCH




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。